PV 14776750

IP 3639427

Since 2006/3/7

トップページ 商品一覧 ヨーヨー情報 サイトマップ

postheadericon ヨーヨーをはじめよう!バインド年齢

みなさんバインドをご存じですか?

普通のヨーヨーは、スリープ(空回り)中にちょんとヨーヨーを引いてやれば簡単に 戻ってくるのですが、バインド仕様のヨーヨーは、バインドと呼ばれるテクニック を使わなければヨーヨーが戻ってきません。
バインドと言うテクニックを使わなければ、ヨーヨーが戻らないのでバインドを知 らない人からみれば、まるで欠陥品のヨーヨーです。

しかし、現在のヨーヨープレイヤーにとっては、当たり前の仕様です。
むしろバインド仕様と言えば高級または高性能モデルと言ったイメージが強いです。
当店では Dif-e-Yo や hspin 等の高性能モデルに多い仕様です。

なぜそんな戻らないヨーヨーが存在するのか?
それは、その方がトリックが長続きするからです。

『ヨーヨーが戻らない』と言う事は、色んな事を意味しています。

例えば、多少荒削りなトリックを行ったとしても最後までスムーズに演技出来ます。
当店Webサイトトップページで紹介しているバレルロールなどのトリックは、乱暴 に行うと、普通のヨーヨーなら途中で戻ってきてしまいます。
トリックを乱暴にするとストリング(ひも)がたるんでしまい、その時点からストリ ングの巻き取りが始まるからです。

しかし、バインド仕様のヨーヨーであれば、乱暴に行っても、ストリングがたるん でもバインドテクニックを使わなければ、ヨーヨーが戻りません。だから最後まで スムーズに演技できるのです。
だから練習を始めたての未熟な技でもアッサリ最後まで演技できたりするのです。

もう一つの例としては、ロングスリープに適している事が言えます。
つまりストリングがフリクションステッカー等のリターンシステムに接触しにくい または接触しない?接触しても滑ってしまう、そう言った構造になっているのです。
通常のヨーヨーであれば、ヨーヨーの投げ方やストリングの巻き方によっては、 投げた直後にストリングがフリクションステッカー等に接触する場合があります。
もし接触すれば、みるみる回転力が失われて行き、すぐにスリープが終わってしま います。

ところがバインド仕様のヨーヨーであれば、ストリングがフリクションステッカー 等に接触にくい構造になっていますので、多少投げ方や巻き方に問題があったとし ても簡単にはスリープが終わりません。

この様に、戻りにくいと言う事は、欠点でもあり長所でもあるのです。
バインド仕様のヨーヨーは、プレイヤーのテクニックによって『高性能モデル』と も『欠陥品』とも呼べるヨーヨーなのです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、先日あるお食事会でヨーヨーを投げる 機会がありました。

いつものようにDif-e-YoのTANKを使って軽く演技を披露したのです。
もちろんバインド仕様のバリバリの高性能モデルです。
予定通り皆さんに楽しんでいただけました。

その後、お約束の『ヨーヨー貸して!教えて!』タイムに突入したのですが・・・

お相手は私より10歳は年上だろう5〜60代の社長さん。
キチンとヨーヨーの持ち方と投げ方を教えました。

するとその社長さん。ヨーヨーをホイッと投げたら綺麗にスリープするではありま せんか。さすがDif-e-YoのTANK。高性能モデルです。素人のおじさんが投げても落 ち着いてスリープしてくれます。

そしてキャッチ・・・。おみごと!成功です! しかし・・・えっ!?

なんとその社長さん、バインドでキャッチするではありませんか!?
もちろんボトムマウントは使わず、ブレインツイスターの様にゆっくりストリング を編む様にした、だれでもできそうなバインドです。

そんな素人のおじさんがバインドなんて出来る訳ないって思っていた私は・・・

私:『バインドをご存じなんですか?』
彼:「え?バインド?知りません。あなたの真似しただけですよ。」

えっっっっっ!!!

その5〜60代の社長さん、ヨーヨーは初めてらしく、私の演技を観てなんのため らいもなく『あぁやってヨーヨーをキャッチするんだな!』って単純に思ったらし いのです。

つまり普通のキャッチの仕方もバインドキャッチの仕方もどちらとも知らなかった。
たまたま初めて見たキャッチがバインドだったと言うのですよ。

もー目からウロコが取れました。

何も疑わず純粋に指導を受け止めれば、誰だって、例えヨーヨー初体験の5〜60 代のオジサンだって簡単にバインドできるんだ!

ネットでは『バインドは難しい』だとか『上級者のテクニック?』『自分には向か ない』なんて意見がチラホラ見受けられますが、実は自分で壁を作っているのかも しれないですよ。そう言えば私もそう思っていた時期があった様な気がします。

今回の事件でハッキリ分かりました。

バインド→簡単!

誰かに『難しい!』と言われて・・・

何も疑わず純粋に信じちゃってるだけかもしれませんよ!(^^;

みなさんバインドをご存じですか?

普通のヨーヨーは、スリープ(空回り)中にちょんとヨーヨーを引いてやれば簡単に 戻ってくるのですが、バインド仕様のヨーヨーは、バインドと呼ばれるテクニック を使わなければヨーヨーが戻ってきません。
バインドと言うテクニックを使わなければ、ヨーヨーが戻らないのでバインドを知 らない人からみれば、まるで欠陥品のヨーヨーです。

しかし、現在のヨーヨープレイヤーにとっては、当たり前の仕様です。
むしろバインド仕様と言えば高級または高性能モデルと言ったイメージが強いです。
当店では Dif-e-Yo や hspin 等の高性能モデルに多い仕様です。

なぜそんな戻らないヨーヨーが存在するのか?
それは、その方がトリックが長続きするからです。

『ヨーヨーが戻らない』と言う事は、色んな事を意味しています。

例えば、多少荒削りなトリックを行ったとしても最後までスムーズに演技出来ます。
当店Webサイトトップページで紹介しているバレルロールなどのトリックは、乱暴 に行うと、普通のヨーヨーなら途中で戻ってきてしまいます。
トリックを乱暴にするとストリング(ひも)がたるんでしまい、その時点からストリ ングの巻き取りが始まるからです。

しかし、バインド仕様のヨーヨーであれば、乱暴に行っても、ストリングがたるん でもバインドテクニックを使わなければ、ヨーヨーが戻りません。だから最後まで スムーズに演技できるのです。
だから練習を始めたての未熟な技でもアッサリ最後まで演技できたりするのです。

もう一つの例としては、ロングスリープに適している事が言えます。
つまりストリングがフリクションステッカー等のリターンシステムに接触しにくい または接触しない?接触しても滑ってしまう、そう言った構造になっているのです。
通常のヨーヨーであれば、ヨーヨーの投げ方やストリングの巻き方によっては、 投げた直後にストリングがフリクションステッカー等に接触する場合があります。
もし接触すれば、みるみる回転力が失われて行き、すぐにスリープが終わってしま います。

ところがバインド仕様のヨーヨーであれば、ストリングがフリクションステッカー 等に接触にくい構造になっていますので、多少投げ方や巻き方に問題があったとし ても簡単にはスリープが終わりません。

この様に、戻りにくいと言う事は、欠点でもあり長所でもあるのです。
バインド仕様のヨーヨーは、プレイヤーのテクニックによって『高性能モデル』と も『欠陥品』とも呼べるヨーヨーなのです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、先日あるお食事会でヨーヨーを投げる 機会がありました。

いつものようにDif-e-YoのTANKを使って軽く演技を披露したのです。
もちろんバインド仕様のバリバリの高性能モデルです。
予定通り皆さんに楽しんでいただけました。

その後、お約束の『ヨーヨー貸して!教えて!』タイムに突入したのですが・・・

お相手は私より10歳は年上だろう5〜60代の社長さん。
キチンとヨーヨーの持ち方と投げ方を教えました。

するとその社長さん。ヨーヨーをホイッと投げたら綺麗にスリープするではありま せんか。さすがDif-e-YoのTANK。高性能モデルです。素人のおじさんが投げても落 ち着いてスリープしてくれます。

そしてキャッチ・・・。おみごと!成功です! しかし・・・えっ!?

なんとその社長さん、バインドでキャッチするではありませんか!?
もちろんボトムマウントは使わず、ブレインツイスターの様にゆっくりストリング を編む様にした、だれでもできそうなバインドです。

そんな素人のおじさんがバインドなんて出来る訳ないって思っていた私は・・・

私:『バインドをご存じなんですか?』
彼:「え?バインド?知りません。あなたの真似しただけですよ。」

えっっっっっ!!!

その5〜60代の社長さん、ヨーヨーは初めてらしく、私の演技を観てなんのため らいもなく『あぁやってヨーヨーをキャッチするんだな!』って単純に思ったらし いのです。

つまり普通のキャッチの仕方もバインドキャッチの仕方もどちらとも知らなかった。
たまたま初めて見たキャッチがバインドだったと言うのですよ。

もー目からウロコが取れました。

何も疑わず純粋に指導を受け止めれば、誰だって、例えヨーヨー初体験の5〜60 代のオジサンだって簡単にバインドできるんだ!

ネットでは『バインドは難しい』だとか『上級者のテクニック?』『自分には向か ない』なんて意見がチラホラ見受けられますが、実は自分で壁を作っているのかも しれないですよ。そう言えば私もそう思っていた時期があった様な気がします。

今回の事件でハッキリ分かりました。

バインド→簡単!

誰かに『難しい!』と言われて・・・

何も疑わず純粋に信じちゃってるだけかもしれませんよ!(^^;

postheadericon カテゴリマップ