PV 14776722

IP 3639427

Since 2006/3/7

トップページ 商品一覧 ヨーヨー情報 サイトマップ

postheadericon ヨーヨーをはじめよう!公園編

休みの日などは娘をつれて公園に行ったりします。娘が小さかった頃は、ハラハラしながら娘につきっきりで公園中をうろうろしていたのですが、幼稚園の年長にもなると見てるだけ。
はっきり言って暇です。
上の子を連れて行っても女の子なのでキャッチボールって事もありません。女の子同士で楽しくやってます。
えー、暇です。はい、暇です。暇暇。あ〜暇。

もうおわかりでしょう?
そんな時は、ヨーヨーです。

公園でのヨーヨーは、当然ルーピングトリックです。
なぜなら、風があるのでストリングトリックは向きません。

公園では最初の一振りに勇気がいります。
40に手が届くオッサンが公園でヨーヨー振って良いのか?
そう思ったらなかなか最初の一振りが出ません。
それでも勇気を振り絞って一振りします。

振り下ろしてすぐキャッチ。これを何度か繰り返し、その後フォアードパスでウォーミングアップします。
フォアードパスを何度もやってると、段々視線が集まっているような気分になります。
風の具合を確かめつつ、頃合いを見計らってフォアードパスと見せかけてインサイドループをキメます。
最初は1回。次は2回。そうして10回くらい連続でキメます!

そんなことをしていると心のウォーミングアップも完了です。
もう周りの目が気にならなくなり、リラックスしてインサイドループが出来るようになります。

もちろん、人混みの中でやってはいけません。
十分に安全な距離を考えてルーピングです。近くに人がいる時は、サイドワインダーをやって撚りを戻しておきます。
娘を公園に連れてきている訳ですから、たまにはブランコしている娘の背中を押してやります。娘がブランコに飽きたら再びヨーヨーです。

周りを見るとヨーヨーしている人は皆無です。
やるなら今ですよ!
何やっても上手に見えます。

中年のオッサンがヨーヨー?って話がありますが、私は爺さんになって孫を公園に連れて行く時もヨーヨーを持って行きますよ。
その頃には、日本にヨーヨーも定着して、二・三人くらいは公園スピナーがいて欲しいですね。

どんなヨーヨーがよいのか?

私の住んでいるところは、海が近いので風が強いです。
そんなところではストリングトリックは向きません。ルーピングヨーヨーで行きましょう!
普通ルーピングトリックでは、スピードビートルをおすすめしていますが、公園デビューするにはちょっと軽すぎます。
軽いと風に流されます。ですからバンブルビーがおすすめです。若干重めのヨーヨーは、室内で振り回すと指が痛いですが、公園で軽〜く回すには、丁度良いです。スピードビートルに比べ密度が高いので思ったほど風に流されません。
ただ、ノーマルのバンブルビーは、オールラウンドプレイなのでギャップがやや広めで初心者では戻らないことがあります。
そこで私のような初心者はボールベアリングパーツキットに入っている銀色のスペーサーに交換するとスピードビートル並に良く戻るようになります。是非お試し下さい。

補足

ノーマルのバンブルビーは、金色のスペーサーが入っています。両方を銀色のスペーサーにするとギャップが狭くなりすぎ、ひもすら通せない状態になります。これは間違い。
交換するスペーサーは片方だけです。つまり、ノーマルでは右も左も金色スペーサーですが、その片方だけ銀色スペーサーに交換して、右は金色、左は銀色として下さい。
バンブルビー改造セットも販売しています。

そしてトリックですが、アウトサイドループや、アラウンドザワールド等の後ろが危険なトリックはやめましょう!
インサイドループやフォアードパスなんかが比較的安全です。
大人として安全への配慮を十分お願いしますね!

休みの日などは娘をつれて公園に行ったりします。娘が小さかった頃は、ハラハラしながら娘につきっきりで公園中をうろうろしていたのですが、幼稚園の年長にもなると見てるだけ。
はっきり言って暇です。
上の子を連れて行っても女の子なのでキャッチボールって事もありません。女の子同士で楽しくやってます。
えー、暇です。はい、暇です。暇暇。あ〜暇。

もうおわかりでしょう?
そんな時は、ヨーヨーです。

公園でのヨーヨーは、当然ルーピングトリックです。
なぜなら、風があるのでストリングトリックは向きません。

公園では最初の一振りに勇気がいります。
40に手が届くオッサンが公園でヨーヨー振って良いのか?
そう思ったらなかなか最初の一振りが出ません。
それでも勇気を振り絞って一振りします。

振り下ろしてすぐキャッチ。これを何度か繰り返し、その後フォアードパスでウォーミングアップします。
フォアードパスを何度もやってると、段々視線が集まっているような気分になります。
風の具合を確かめつつ、頃合いを見計らってフォアードパスと見せかけてインサイドループをキメます。
最初は1回。次は2回。そうして10回くらい連続でキメます!

そんなことをしていると心のウォーミングアップも完了です。
もう周りの目が気にならなくなり、リラックスしてインサイドループが出来るようになります。

もちろん、人混みの中でやってはいけません。
十分に安全な距離を考えてルーピングです。近くに人がいる時は、サイドワインダーをやって撚りを戻しておきます。
娘を公園に連れてきている訳ですから、たまにはブランコしている娘の背中を押してやります。娘がブランコに飽きたら再びヨーヨーです。

周りを見るとヨーヨーしている人は皆無です。
やるなら今ですよ!
何やっても上手に見えます。

中年のオッサンがヨーヨー?って話がありますが、私は爺さんになって孫を公園に連れて行く時もヨーヨーを持って行きますよ。
その頃には、日本にヨーヨーも定着して、二・三人くらいは公園スピナーがいて欲しいですね。

どんなヨーヨーがよいのか?

私の住んでいるところは、海が近いので風が強いです。
そんなところではストリングトリックは向きません。ルーピングヨーヨーで行きましょう!
普通ルーピングトリックでは、スピードビートルをおすすめしていますが、公園デビューするにはちょっと軽すぎます。
軽いと風に流されます。ですからバンブルビーがおすすめです。若干重めのヨーヨーは、室内で振り回すと指が痛いですが、公園で軽〜く回すには、丁度良いです。スピードビートルに比べ密度が高いので思ったほど風に流されません。
ただ、ノーマルのバンブルビーは、オールラウンドプレイなのでギャップがやや広めで初心者では戻らないことがあります。
そこで私のような初心者はボールベアリングパーツキットに入っている銀色のスペーサーに交換するとスピードビートル並に良く戻るようになります。是非お試し下さい。

補足

ノーマルのバンブルビーは、金色のスペーサーが入っています。両方を銀色のスペーサーにするとギャップが狭くなりすぎ、ひもすら通せない状態になります。これは間違い。
交換するスペーサーは片方だけです。つまり、ノーマルでは右も左も金色スペーサーですが、その片方だけ銀色スペーサーに交換して、右は金色、左は銀色として下さい。
バンブルビー改造セットも販売しています。

そしてトリックですが、アウトサイドループや、アラウンドザワールド等の後ろが危険なトリックはやめましょう!
インサイドループやフォアードパスなんかが比較的安全です。
大人として安全への配慮を十分お願いしますね!

postheadericon カテゴリマップ